オススメ地酒 池月

能登の地酒 池月について

県外にもファンが多く、地元人でも入手が難しい「池月」。
能登の小さな酒蔵にて、地元の人に、日本酒がわかる人に、と
黙々と作り続けられている銘酒です。

源頼朝の愛馬が由来となった銘柄・池月は、
さわやかでフルーティーな香りと苦味のバランスが良い大吟醸や
飲み飽きることのない辛口「本醸造」など、数種類あります。
キレ、芳醇さといった特徴は和食との相性も良く、愛着のあるお酒。
地酒なので毎年微妙に味が異なり、
今年しか味わえない“一期一会な味”的なところが心をくすぐります。

一度は生産中止になるところだった蔵元を再建し、
地元の人たちによって復活した愛のこもったこの味を
ぜひ一度お試しください。

池月はこつこつとひたむきに、酒蔵らしさにこだわった手作りの酒を作り続けます。